【Date】
【Categories】 ブログ

さくらちゃんの読書感想文

スタジオには

いろんな子がいます。

バレエとの関わり方もそれぞれ違い、

スタジオでのレッスンも

週1回の人もいれば、週6回の人もいる。

マイペースに、自分の進みたい方向に進んでいって頂けたらと思っています。

今日は、

バレリーナを目指しているさくらちゃんのお話を。

1361 撮影:テス大阪

さくらは今

コンクール出場に向け週6日の稽古に励んでいます。

トレーニング、レッスンも休むことなく

毎日よく踊っています。

そんなさくら。

本をあまり読まない・・・と言っていたので(言っていたのに笑)

この本なら!と、勧めてみました。

IMG_7249

バレリーナ吉田都さんの本。

なんと

さくら。

感想文を書いてきてくれました!!感動!!

IMG_7250

その文章には

本を読んでの自分への気付き、これからの決意表明が

力強い言葉となり

書かれていました。

自分の想いを言葉にすることは難しいけれど

言葉にできない・・・ではなくて

言葉にしようとするその難しさを乗り越え

形にする、伝える、は

表現者(舞台に立つ人だけでなく、人として)には必要だと思うのです。

言葉を知る事は

表現の幅を広げる事と似てると思うのです。

そして言葉にする事で

自分がどうしていきたいのかを考える、感じる、明確にする事ができると思うのです。

本を読むと

出会いがある。

自分を客観視できたり、

チャンスを与えてくれたり、

世界を広げてくれたり・・・

スタジオには本棚を設けていて

様々な分野の本をそっと置いてます。

なにかのきっかけになればいいいなあ。。

さくらの内面の成長は

肉体や技術だけでなく

しぐさ、眼差し、表情にも現れている気がします。

これからが益々楽しみです。

今日はそんなさくらちゃんのお話でした。


アーカイブ